Menu

店主のひとり言

Home

店主のひとり言

終わりました 3月11日

次男の大学受験が終わりました。
親に似て数学が苦手な為か?早々に私文に絞ってやってまいりましたが、残念ながら憧れの学校の扉は開くことなく、第二志望の学校へ入学することで固まりました。高校受験は何の弾みか苦も無く第一志望へ進めた為、彼にとりこれが初めての挫折となりました。気の毒だったのは不合格の確定の翌日が第二志望の入学金の振込期限であり、落ち込む間も無く進学か浪人の選択を迫られたことです。どちらでも自分で決めるよう告げ、彼が答えを出しました。親として本音は一年でも早く教育費から逃れたい。然しながら彼の永い人生を考えれば挑戦させるべきか?大いに悩むところです。もっとも親の言うことを素直に聞く子でもなく、幸い私より能力が有りそうですので、彼に任せるというのが私の結論でした。入学金を振込んだ後も彼が難しい顔をしていると後悔しているのか?と気持ちがざわめくことが幾度か有りましたが、彼は後悔や悔悟や苦悩を呑み込んで結論を変えませんでした。幾分ほろ苦い春となりそうですが、人生至る所に青山在りです。大学生活を大いに楽しんでどこかでやり返して欲しいと思います。
写真は駅ロータリーの花壇に咲くローズマリーです。春近しでしょうか。