Menu

店主のひとり言

Home

店主のひとり言

受けるかな? 11月 7日

このところある単身者用賃貸物件で若い方にアピールする部屋作りに取り組んでいます。
内容は壁紙を一張別の柄にする。カーテンを備え付ける。照明を一般的なシーリングライトから若い人に受けそうなものに交換する。ラグマット、小テーブル、クッションを備え付けるといったところです。大家様から他社が行っている手法として教えて頂きました。中年真っ盛りの私には正直今時の若い方の好みや流行りが分からず、難しい注文とも思いましたが無い頭を捻って挑戦してみました。壁紙の種類は数多くどこまで遊んで良いのやら悩ましい限りです。カーテンはこの壁紙の色調を念頭にチョイス。照明、マット、クッションはIKEAで安価且つそれらしい?ものを選びます。かくして出来上がった作品の一つが下の写真です。どうしても自分の趣味となってしまう感が否めませんが、若い方に少しでもアピール出来れば本望です。許されれば若い頃見たアメリカのTVドラマ「ツインピークス」(あぁ懐かしい!!)に出てきた小人の居る怪しげな部屋のようなものも作ってみましょうか?!

凄いゲート