Menu

店主のひとり言

Home

店主のひとり言

帰って来た? 8月16日

先日久しぶりにクラシックコンサートに行ってまいりました。
前回が正月でしたので七ヶ月ぶりでしょうか。この間訪れる予定だったコンサートが幾度か中止や延期となり、都内の感染も治まっていないことから今回もどうかと危ぶんでおりましたが、無事開催となり用心して出向きました。司会者が居らず、ベートーベンを模したカツラとフロックコートを纏った指揮者がピアノも弾き、話もするという風変わりなスタイルでした。一人三役はいささか忙しいだろうと眺めておりましたが、彼は疲れ知らずの求道者?のようでした。マスクをして音楽に浸るのは初めてでしたが、どこか欠ける様に感じました。まさか鼻や口で音を感じている訳ではないでしょうが、どういうことでしょうか?それでも後半はじわじわと効いてまいりました。終わりに近付いた頃斜め前のご婦人が目元をハンカチで拭っているのに気付きました。やはりこんな時間が愛おしいのだと思うと私もついつられそうでした。「ブラボー」と声を上げることは禁じられ、普段より懸命に拍手をすることで演奏を称える他ありません。団員の表情から演奏する喜びを感じ取り、指揮者の目から演奏の出来栄えを読み、指揮者は聴衆が目に示すブラボーを読み取り、無言で通じ合っているのを感じました。素晴らしい大団円です。ついこの間まで普通に在った世界が戻って来たような思いでした。このまま居付いてくれるのか?はたまた手の届かない所へ戻ってしまうのか?何とも切ない思いですが、先ずは一度帰って来てくれたことを喜びたいと思います。帰路に着く人々の表情がいつにも増して晴れやかなことが印象的でした。