Menu

店主のひとり言

Home

店主のひとり言

初めて見た 10月 8日

ご存知の通り先日東証の売買が終日停止されました。
翌日の新聞の商況欄は全て「------」と表示され、見たことの無い眺めとなりました。株を持つようになり十年余り経ちますが初めての経験です。今年はコロナ騒ぎで私の保有する銘柄も大きく値を下げ、加えて無配となる銘柄も少なからずで、暫し切ない思いをしております。虎の子の蓄えにも稼働してもらうべく、3%程度の配当を見込んで投資してまいりましたが、目論見は脆くも崩れ去ってしまいました。ワクチンが完成すれば元の状況に戻ると期待したいところですが、多くの経営者が「もう元の世界には戻らない」と見通しておりますので、中々難しいのでしょう。とあらば私もこれまでとは考え方や対処を変えるべきということでしょう。そういえば若い頃父から「絶対の安定など有りはしない。有為転変。変わるから良いのだ。勝ち組がいつまでも勝ち組では面白くないだろう」と聞かされました。何の話で出た言葉か忘れてしまいましたが、そうかもしれません。変わるからチャンスが有ると明るく考えれば良いでしょうか。