Menu

店主のひとり言

Home

店主のひとり言

幸多かれ 5月 8日

先日結婚式を眺めてまいりました。
連休に家内のお供で豊島、文京区界隈を歩きました。道中半世紀!振りに都電に乗り、祖父に手を引かれて乗車した幼い日を思いました。とげぬき地蔵商店街、雑司ヶ谷鬼子母神、日無坂、本女、和敬塾、目白御殿と眺めて、カテドラル教会を訪れました。広大な敷地に大聖堂、丹下健三の作品ですので是非中をを見たいと図々しく入っていくと、挙式が行われており、意外にも着席して参観して良いとのことで、図らずも参列?させて頂きました。若い男女が誓いを立て、指輪を交換し、パイプオルガンが結婚行進曲を奏でてフィナーレです。笑顔がこぼれる新郎新婦、ご両親に証人、取り巻くのは同僚の方々でしょうか。幸せな空間に浴させて頂きました。どこのどなたか存じませんが幸多かれと念じました。余韻に浸りながら野間御殿、鳩山御殿、御茶ノ水、筑波大付属高、跡見、中大法学部建設現場を眺めて予定終了でした。以後数日結婚行進曲が頭に流れていました。幾度聴いても気持ちが華やぐ名曲だと思います。