Menu

店主のひとり言

Home

店主のひとり言

小春日和に 11月 8日

先日東海道の川崎宿から神奈川宿まで約9キロを歩いて参りました。
川崎宿は六郷川(多摩川)の渡しの収益と川崎大師参りで栄えた宿場です。宿の有った現在の川崎駅付近にかつての名残は殆ど見られず飲食店が立ち並ぶ繁華街が広がっていました。
京急の線路を右左に見ながら歩みを進めます。鶴見では楽しみにしていた名物の米饅頭屋が運悪く定休日でお土産に出来なかったのが残念でした。
このコースの一番の見どころはあの生麦事件跡です。江戸時代薩摩藩の行列の前を英国人商人が横切ろうとし、藩士に切りつけられた事件。後に大きな政治問題となり薩英戦争にまで発展することとなります。近くに慰霊碑が在りましたが、事件の現場は歳月を経て民家となり塀に事件の概要が掲げられているのみでした。丁度向かいはキリンビールの横浜工場。日頃の運動不足から?やや疲れも出始めたこの辺で一休みしたいところです。小春日和の下「出来立てのビールで喉を潤すことが出来たなら・・・」等夢想しつつゴールの神奈川宿へと向かいました。
当面の目標は目指せ箱根!です。by Etsuko