Menu

店主のひとり言

Home

店主のひとり言

寛大な処分を 4月10日

バドミントンの桃田選手のオリンピック出場に赤信号が灯っていますが、関係者には何分寛大な処分をお願い出来ませんでしょうか?
同選手とは縁もゆかりもございませんが、同じ年頃の子を持つ親として同情を禁じえません。我が愚息とは比べものにならない立派な青年でしょうが、成人したとは言えまだまだ未熟な年代であると思います。若くして世界ランキング上位に上り詰め、収入も増えるなどして自らを見失ってしまったのだと思います。社会奉仕や、一定期間援助や賞金を辞退する等課した上で、オリンピックには出場させてあげられませんでしょうか?四年後が有ると言われるかもしれませんが、悪くすればここで折れてしまいかねません。或いはこれを良い薬として子供たちが憧れるような立派な人格を目指してもらう方が生産的かと思います。是非ご一考願いたいものです。
写真は本件と何の脈絡も無い平和台串郎の焼き鳥です。昨晩久しぶりに訪れました。やはり焼きたては堪りません。いよいよ焼き鳥の季節?到来です。