Menu

店主のひとり言

Home

店主のひとり言

懐かしい 7月 9日

先日思いついてビリージョエルのベスト盤を購入しました。
なぜか時折聞きたくなります。気ままに生きていた学生時代に繰り返し聞いていたせいでしょうか。「マイライフ」「オネスティ」「素顔のままで」等々。実に懐かしい思いです。今聞いていて一番染みるのは「ニューヨークステイトオブマインド」でしょうか。どこか妙に響く気が致します。
あらためて歌詞を眺めると中々難しく、明るいものばかりでないことに気付きます。たしか学生の頃英語は好きだった筈ですが、当時は和訳することも無く気楽にメロディーだけ楽しんでいたということでしょう。 ジャケットの彼はスマートでハンサム、髪も豊かですが、30年後の現在は中年太りのちょい悪親父という風情で時の流れを感じます。家内に随分容貌が衰えたものだと話すと、「あら、あなたも同じ年数分衰えているのよ」と切り返されてしまいました。...仰る通りです。ぐうの音も出ません。願わくば年なりに更けてまいりたいと思います。

greatesthits